木づかい工房 いずまいん

住宅や暮らしについての感じたアレコレ

棺桶、棺箱の違い?

今は葬儀屋さんに全て任せている時代ですが、土葬の頃は棺桶は桶屋が作っていたそうです。

その後棺箱になって大工さんが作るようになったそうです。

そう言えば最近まで、私の実家は田舎なので、葬式には、6尺様が組内(近所の小さな自治体)から選ばれて、煙草やお酒を振る舞い一番大事にされた記憶があります。

組内が全て葬儀を取り仕切りっていたので、全ての個人情報は地元の人が知っている風習でした。

当時は嫌だったけど、今は思えば安心できる環境だったと思います。

6尺様は土葬の穴を掘る人でしたので、重労働を担当するから大事にされたのでしょう。

私の頃は、墓掃除と棺の霊柩車まで運ぶ仕事なので楽でしたが、その様な謂れがあると聞き、扱いの違いに納得しました。